年齢制限がある理由【若いと脱毛効果がないの?】

 

年齢制限がある理由【若いと脱毛効果がないの?】に関して詳しく説明している画像

 

1.脱毛エステサロンの年齢制限

 

現在では、スイミングやバレエといった習い事をしている子供たちを中心にエステサロンで脱毛をおこなう子供たちも多く、また、学校でプールがはじまるときにも脱毛エステサロンに通う子供たちが増えてきました。

 

その理由として考えられるのは『小学生の美意識の高さ』で、ファッション、メイクはもちろん、雑誌の特集で『脱毛』までもが取り上げられるようになったからです。

 

しかし、ほんとうに子供が脱毛をしても大丈夫なのでしょうか?ここからはサロンに通える年齢や、通わせるときの注意点を見ていきましょう。

 

 

 

1-1.サロンごとの年齢制限

 

 

サロンによって年齢制限に差があります。

 

現在では美意識の低年齢化はもちろん、サロンの安全性や脱毛技術の進化で、従来では『サロンでの脱毛は難しい』とされていた年齢でもサロンに通えるようになりました。しかし、サロンによっては年齢制限をおこなっているところが多く、16歳以上とされているのが一般的です。

 

各サロンの年齢制限をまとめると、

 

年齢制限

親権者の同意

キレイモ

なし

必要

エタラビ

16歳以上

必要

銀座カラー

16歳以上
(全身脱毛は18歳以上)

必要

ミュゼ

なし

必要

シースリー

なし

必要

脱毛ラボ

12歳以上

必要

エピレ

7歳以上

必要

ディオーネ

3歳以上

必要

 

年齢制限なしというサロンでも実際には『要相談』となっていますので注意が必要です。またアトピーなど肌に疾患がある場合には契約できない場合があるので注意しましょう。

 

年齢制限以外にも肌の疾患などでも契約できない場合があります!

 

 

 

1-2.子供をサロンに通わせる場合の注意点

 

 

安全性は高くても万が一のリスクはあります。

 

現在のサロンでは安全性が高く、火傷などのトラブルはほとんどありません。しかし、子供は年齢が低ければ低いほど『自分の肌の状態』がまだよく理解できていませんし、『脱毛後痛みがあるけど、これが普通だろう』などの理由から、肌トラブルの可能性があるのに放置してしまう場合もあります。

 

このようなことで肌に一生ものの傷が残らないためにも、親権者の方は脱毛後の肌をしっかりとチェックしてあげる必要があります。また、契約内容や解約などをしっかりと把握しておくことも重要です。

 

脱毛後は親権者の方が子供の肌をしっかりチェックしましょう!

 

 

 

2.脱毛エステサロンに年齢制限がある3つの理由

 

ここまで見てきたように、サロンによって脱毛には年齢制限があること、子供の脱毛には十分な注意を払わなくてはいけないことを理解してもらえたと思います。

 

しかし、『未成年に脱毛はまだ早い』と思っている方、もし子供に『何でダメなの?』と聞かれてきちんとダメな理由を説明できる自信はありますか?ここではしっっかりとダメな理由が説明できて、子供にも納得してもらえるよう、年齢制限を設ける理由を説明していきたいと思います。

 

 

 

2-1.子供の肌は大人よりも弱い

 

 

少しの刺激にも肌が敏感に反応してしまいます。

 

小児アトピー(アトピー性皮膚炎)という言葉があるとおり、子供のうちは肌が弱く、少しの刺激でも肌のトラブルがおきやすくなっています。そのため、脱毛によって肌へ負担がかかることで肌荒れ、かゆみ、腫れといったトラブルがおこる場合があります。

 

また生理学的には子供の肌は代謝などの影響で傷が治りやすいのですが、肌の奥の方まで傷がついたり、色が変わってしまう可能性は大人以上に高くなっています。

 

子供の肌は傷つきやすいだけでなく、変色もしやすくなっています!

 

 

 

2-2.ホルモンバランスが変化しやすい

 

 

1度脱毛してもムダ毛が生えやすくなっています。

 

『妊娠してからムダ毛が濃くなった』、『今まで生えていなかったところにも生えてきた』という経験や話を聞いたことはありませんか?これはホルモンバランスの変化が原因で、生理が不規則な弱年齢層にもあてはまります。

 

そのため、ホルモンバランスが安定しないうちに脱毛して、一時的にムダ毛がなくなったとしても、大人になるにつれてホルモンバランスが安定すると、再びムダ毛が生えくる可能性が高いので、早いうちに脱毛したからといって大人になってもムダ毛が少ないという保証はありません。

 

ホルモンバランスが安定しないと脱毛効果は十分に発揮されません!

 

 

 

2-3.脱毛効果が伝わりにくい

 

 

子供のムダ毛はフラッシュ脱毛には適していません。

 

サロンでおこなわれているフラッシュ脱毛ではムダ毛の黒い色素に反応して、光を照射し、その光でムダ毛の組織を破壊する脱毛方法です。そのため、子供の細く、色素の薄いムダ毛には反応しにくく、大人ほどの脱毛効果が出ない場合があります。

 

また、子供のうちは体育、部活などで日焼けがしやすくなっています。脱毛前後の肌は紫外線によるトラブルがおきやすいので、子供の生活環境が脱毛に適していないこともしっかりと理解しておく必要があります。

 

子供のうちは脱毛効果が得られにくいだけでなく日焼けの心配もあります!