埋没毛はなんでできるの?

 

埋没毛に関して詳しく説明している画像

 

1.埋没毛ができてしまう大きな原因

 

1-1.埋没毛とは?

 

 

ムダ毛を自己処理している方はひょっとして埋没毛ができてはいないでしょうか?

 

この埋没毛とはその名の通りに皮膚の下に埋もれてしまったムダ毛のことを言います。間違った自己処理の方法などを継続して行っていると皮膚トラブルなどを起こし埋没毛ができてきてしまいます。

 

そして、埋没毛のままにすると、その部分が炎症を起こし肌トラブルを起こすので、埋没毛ができたときには注意しなければいけません。

 

 

1-2.埋没毛が起きてしまう原因

 

 

埋没毛が起きる原因は間違ったムダ毛の処理がほとんどの理由です。

 

埋没毛が起きてしまいがちなムダ毛の処理の方法として、

 

・毛抜き
・カミソリ

 

で、ムダ毛の処理をしている場合に起きやすいです。特に毛抜きでの処理は最悪です。

 

間違った脱毛処理によって毛穴の表面が傷ついてしまいその傷を埋めようと皮膚は反応しますので、そこの皮膚の部分が厚くなってしまい毛が毛穴を取って表面に出てくることができなくなります。これが埋没毛の直接的な原因となっています。

 

毛抜きなどで切れたムダ毛が埋没毛になりやすいんです!

 

 

2.どのような処理が埋没毛になりやすいのか

 

どのような処理が埋没毛になりやすいのかに関して詳しく説明している画像

 

2-1.カミソリでの処理は埋没毛を引き起こします

 

 

間違ったカミソリでの処理は埋没毛を引き起こします。

 

こうした原因が起こりやすい処理方法にはカミソリがありカミソリはムダ毛を切断していくだけでなく、同時に肌も傷つけていますので深剃りまたは逆剃りしてしまうことで埋没毛となってしまいます。

 

肌を傷つけるということはその部分の皮膚が再生しようと皮膚が厚くなり、その結果毛が厚くなった皮膚から毛穴を通ることができずに埋没毛になってしまうんですね。

 

そのため、間違ったカミソリでの処理は埋没毛になってしまうんです!

 

 

2-2.毛抜きでの処理は埋没毛を引き起こすNO1

 

 

毛抜きは肌を傷つけながら毛を抜くムダ毛の処理の方法です。

 

もう一つ埋没毛が起こりやすい処理方法には毛抜きを使った自己処理が挙げられます。

 

毛の処理で肌のダメージが一番大きいムダ毛の処理の方法です!

 

毛抜きは毛穴より太い毛根もムダ毛と一緒に引っこ抜いてしまう脱毛方法になるので、肌に大きなダメージを与え毛穴は大きくなりそこから雑菌が入り炎症を起こして色素沈着や埋没毛の原因になってしまいます。

 

ひどくダメージを肌に与えてしまう方法というのは結果的に肌を痛めて埋没毛ができてしまうんですね。

 

 

2-3.逆に埋没毛が起こりにくい処理方法

 

 

電気シェーバーや家庭用脱毛は埋没毛が起きにくいです。

 

逆に埋没毛が起こりにくい処理方法としては電気シェーバーで剃っていく方法や家庭用フラッシュ脱毛器を使うという他脱毛専門エステやクリニックといったところで脱毛処理を受けることでより安全に脱毛をすることができます。

 

電気シェーバーはちょっと違いますが、脱毛器や脱毛サロンでのフラッシュ、光脱毛では皮膚に直接ダメージを与えるのではなく、黒い部分に光やフラッシュが反応するので毛根に直接ダメージを与えて脱毛するので埋没毛ができにくいんすね。

 

そのため、埋没毛ができにくい方法で処理した方がお肌はきれいになります!

 

 

3.埋没毛ができた場合の治し方

 

埋没毛ができた場合の治し方に関して詳しく説明している画像

 

3-1.間違った埋没毛の治し方

 

 

ちょっとしたムダ毛の処理の失敗から埋没毛はできてしまいます。
そのため、自分で解決できると思いがちです。

 

埋没毛の間違った治し方として、

 

・針や毛抜きでほじくって取ってしまう
・軽石などで肌を削って取ろうとする
・洗顔のスクラブでごしごし洗って取ろうとする

 

これはどれも埋没毛の間違った治し方です。

 

たしかに、この方法であれば埋没毛を取ることは可能ですが、肝心のお肌が傷つきかなりの跡が残ってしまう可能性があるので間違った方法で治そうとするのは絶対にやめてください。

 

間違った方法では肌がボロボロになるので注意が必要です!

 

 

3-2.埋没毛ができたら医療クリニックへ行くのがおすすめ

 

 

埋没毛は医療クリニックのレーザー脱毛で治しましょう。

 

埋没毛ができてしまうと皮膚の中で炎症を起こして化膿を起こし、
ニキビのように白く腫れてきてしまいます。

 

その状態になるとまた肌トラブルの原因になります。
さらに色素沈着も起こしてしまうことが予想されます。

 

そのため、埋没毛には脱毛クリニックのレーザー脱毛が非常に効果的です。

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛も効果はあるのですが出力が弱く完全には取り除けないので、医療クリニックのレーザー脱毛では埋没毛をきれいに取り除くことが可能なために元のようなきれいなお肌に戻すことが可能なんです。

 

 

3-3.埋没毛になる前に脱毛を

 

 

埋没毛になる前に脱毛をしてしまうのがおすすめです。

 

埋没毛は正しくカミソリで処理をしていたとしてもダメージは蓄積されていくので埋没毛ができやすい状態になっているので、埋没毛に悩まされているなら脱毛をしてしまって自己処理をしない状態にしてしまうのが良いでしょう。

 

埋没毛は一回できてしまうとその周辺は頻繁に埋没毛ができてしまう傾向があるので、脱毛をしてしまわないと肌がどんどんきたなくなってしまうので注意が必要になります。

 

埋没毛になりやすくなる前に脱毛をしてしまうのでがいいでしょう!